お香として使われるミルラ

木材の樹脂であるミルラは昔からお香としても使われており、ギリシャ神話に登場します。お香としてだけではなく、いろんな使い方があります。

ミルラは没薬と呼ばれる事もあるそうです。材料となる木材は、アフリカからアジアに渡り生息している様です。

そして、エジプトにおいては亡くなった人をミイラにするために使われていた物でもあります。それほどまでに素晴らしい防腐剤の様な役割を果たす様ですね。

また、腐るのを防ぐ役割だけではなくて、殺菌する効果もある様で、怪我をしたりした時に利用されていたみたいですね。

現在においては、香水に使われたり、ガムを作る際に利用されたりする事もあります。

用途はとても幅広く、全く違う目的で使われています。